ジュゴンの家・日誌

3月Gへ 日誌indexに戻る 4月@へ

3月H
参加者募集!!!
阻止船に乗る人、海上のやぐらおよびテントで座り込みする人が必要です!!!
少ない時間でも、行動できる人は集まってください!!
あなたが行動することで現場の状況は変わる・・・・!!
どうか、よろしくお願いします!!
辺野古に来てください!!!
冬を迎え海の上はだんだん寒くなってきています。普通の衣服では、濡れて風に当たっているとかなり寒いということです。
海上行動用のダイビングスーツも募集しています。使わない物があれば、是非ジュゴンの家の住所まで送って来てください!!お願いします・・・!!

海上調査阻止行動のための緊急カンパのお願い!!
現在、辺野古ではボーリング調査を阻止するための阻止行動が行なわれています。とりわけ「海上調査阻止行動」が重要になっています。リーフ外での防衛施設局の調査を阻止するための行動船を調達するための資金が圧倒的に不足しています。

 今すぐに数100万円の資金が必要です。全国の皆さんに緊急カンパをお願いしたいと思います。皆さん応援をよろしくお願いします!!

 カンパを振り込まれる際は、下記の口座にお願いします。(このカンパのお願いは「ジュゴンの家」が、「命を守る会」を応援する気持ちで独自でやっています。振り込まれたお金は、辺野古でのボーリング調査阻止行動のために使われます。)
●郵便局 17040−14225611  西 陽子 

国会前座り込みホームページヘ!!

辺野古より緊急連絡!!!
平和市民連絡会の平良夏芽です。
12月10日午前、辺野古沖のやぐらで反対派男性が作業員に突き落とされ、
パイプに後頭部を強打し気絶して救急車で搬送されました。
被害者は意識を取り戻し、
大事には至らなかったようですが24時間の経過観察という段階です。
しかし、那覇防衛施設局は すぐ近くで見ていて、
救助指示も出さず傍観していました。
被害者が気を失って 流れに流されていくのを傍観したのです。
しかも、本人が自分で落ちたと言い張っています。  
現場では、施設局に雇われた業者を「敵」としないように努力してきましたが限界です。
3人目のけが人が出て、しかも三人目が気を失って救急搬送されるに至っては、
全国に呼びかけて業者にも抗議をしていただく必要があると判断しました。
以下に業者の名前、住所、電話番号を記します。
想いのある方は、抗議の電話を入れてください。
サンコーコンサルタント  東京都江東区亀戸一丁目8−9号
                電話03-3683-7111
                FAX03-3683-6264
同沖縄事務所       浦添市牧港1-62-19
                電話098-875-6181

那覇防衛施設局は、抗議の電話を弁護士がしている途中、
15分ほどで一方的に電話を切りました。

 ボーリング用のやぐらが珊瑚を破壊・・・!!
3月17日(木)にきた台船を留めるために、荒波の中無理やり降ろしたアンカーが、
再びサンゴを破壊していた。
海底に潜った夏芽さんたちが撮影した写真が見られます!!

ここをクリック!!

3月31日(木)


座り込み347日目
本日雨です。風も冷たい。 7時すぎ、フィリアで出港。 浚渫工事用巨大ホースの脇を通る。
第1ポイント到着。昨日、やぐらの補強作業申出があったため、こちらは丁重にお断りすべく体制強化。保全策といえどもボーリングに繋がる作業はお断りなんです。そんなに危ないなら、機材をどかし、やぐらを撤去してください。船2隻、ボートに続きカヌーも到着。
激励船もきた! 9時30ころ施設局員、作業員らを乗せた船がやってきた。 やぐら、船に計15名で警戒態勢。
まず、反対協代表と作業責任者が話し合う。こちらは全面拒否。責任者は「昼から体制整えてやります」と言って去っていった。それではこちらもと更に応援を呼ぶ。山城船長登場。他のポイントからも飛び込み隊増員。総勢たしか20名に。
早めに弁当を食べ終え、この後の阻止行動に備え休憩。
いつも昼休憩後は1時から動き出す作業船、今日はかなり早く来た。とりあえず、海中に入り警戒態勢。 再度交渉に入るが、こちらは引き続き作業を拒否。やぐらを囲む大勢の人に施設局は諦め作業船は引き上げていった。
帰りはカヌー。作業船が撤収するまでプカプカと待機。 撤収開始!船に引っぱら、れずぶ濡れで帰港・・・。 機材のお片づけご苦労さまです。
お疲れさま〜♪今日はツナおにぎりとコーンスープを作りました!



3月30日(水)

座り込み346日目
←今日もニンガチカジマイの影響で、朝7時には南風、30分もしないうちにいつの間にか北西の風に変わりました。

  海上は落ち着いています →
朝食はイナリ寿司ですか 午前9時、まだ動きがありません。 9:30 作業船 出港。第1ポイントに向かって来ました。
←作業責任者がヤグラに登り、今後予定している作業について、文章で提示してきました。回答は午後にすることに。

 補強パイプの修正と、ヤグラの一角が大きく沈んでいるため、そのパイプを持ち上げて下に鉄板を敷いて、沈下を防止したいとのこと。 →
今日はとりあえず、昨日から予定していた写真撮影だけ許可しました。 ダイバーが潜って、沈んでいる角の写真を何枚も撮影していきました。
昼食タイム! 午後再び作業船が来ました。作業の件については、答えが出なかったので明日に持ち越しました。 船に下りると、ヤグラの歪みがはっきりとわかります。水面に対して写真 右手前の角から、左奥の角に向けて大きく沈んでいますね。
←テントに帰って、今日の報告。

 差し入れのサーターアンダギー、
海から帰ったスキッパラには とっても嬉しい!!→
ジュゴンの家日誌

今夜のメニューは
      手作りタコライス
      大根の煮付け
      つみれ汁です!
 みんなで いただきます!!
←ゆきさん着物姿で登場!!


素敵なバラの花をいただきました!→
お店が一気に上品に。
ジュゴンの家の看板が出来ました!!
カンパしてくれた大家さんと、デザインしてくれたしょうちゃんと、作ってくれた隣の看板屋さんに感謝!!
ありがとうございました!!
ジュゴンの家に来る際は、この看板を目指して来てください。
みんなでクレープを食べました! にらめっこしましょーわらうとまけよーあっぷっぷー なかなか愉快な男の子でした・・
片思いの女の子が登場して、テンションも大フィーバー 来月から中学生という男の子 春休み何しているの?と聞くと、「カード」と言って、デュエルモンスターのカードを見せてくれました。小学生の間で流行しているらしい。
QAB琉球朝日放送 2005年 03月30日(水曜日 夕)
News Photo

検証 動かぬ基地42 在沖米軍再編の行方

米国防総省元日本部長・ポール・ジアラ氏「辺野古への移設計画はすでに死んでいる。この計画は全く非現実的だ」

元国防次官補代理・カート・キャンベル氏「別の案の決定に向け日米間の緊密な対話が進んでいる」「2、3ヵ月で具体化するだろう」

小泉首相「どういう選択肢があるかということも考えていいのではないかということを申し上げているんであって、これは今交渉中の問題でありますから」「表に出すべきでない、交渉中の過程においては、問題もありますので」

検証、動かぬ基地。この企画を1年間お伝えしてきたなかで、最も目に見える変化は「普天間基地の辺野古への移設は無くりつつある」ということでしょう。それは今ごらん頂いた2人の国防総省の元高官のインタビューからも伝わってきますし、SACOの合意にこだわっていた政府もようやく見直しを口にし始めています。

しかし、日本政府が正式に「辺野古移設断念」と発表してはいないわけで辺野古の海では今も国のボーリング調査に向けた作業が進められています。

命を守る会・金城祐治代表「白紙撤回までもう少し、我慢のしどころ。首相からしっかりと(白紙撤回を)聞くまでは座り込みを解くわけにはいかない」

News Photo

ここから謝花記者に聞きます。謝花さん、辺野古への移設が無くなったといっても、丸ごとどこかへ移すというより、今回はもっと全体的な見直しが進んでいるようですね。

はい。今回の在日米軍再編はアメリカ軍全体の世界規模での配置と運用を見直す中で行われるものです。その決定のカギを握る「オフィス・オブ・トランスフォーメーション」という組織が、国防総省にあるのですが、この組織のメンバーが、先月沖縄を訪れていました。まず、先ほども出ていました、クリントン政権時代、国防次官補代理を務め、SACO合意の実務責任者だったキャンベルさんの話をお聞きください

キャンベル氏「オフィスオブトランスフォーメーションはペンタゴンにあって、彼らの使命は、他の地域の意見を聞き、アメリカ側の意見を伝えることだ」「(Q.沖縄も訪れたのか)この再編で沖縄も何度か訪れている。(そして司令官らと意見交換を?)はい。司令官や日本の代表たちと緊密に対話し、結論に近づいている」

結論といいますと、どういう方向なんでしょう?

メンバーらは普天間基地や嘉手納基地、キャンプシュワブ、ハンセンなどを視察し、司令官とも意見交換をしています。そして、下地島を上空から視察して非常に興味を持ったということです。辺野古移設断念の後、その分散移転先として下地島に注目しているわけです。

パイロット訓練用の飛行場を利用するというわけですね。

そもそも下地島は、2001年にランド研究所と言うアメリカのシンクタンクが、アメリカ軍の委託を受けて報告書をまとめていました。これがその報告書の一部ですが、「下地島には民間の空港があって、そこは台湾からわずか250海里未満(463キロ未満)の位置にある」と、下地島の地理的なメリットをあげています。そして、この地域に進出できれば、沖縄から海兵隊を撤退させてもメリットがあるとまで報告しています。その報告書をまとめた調査チームの一人に、独占インタビューしました。

News Photo

アシュリー・テリス氏「沖縄における基地問題が日本全体で深刻化していたため、私たちは今後長期的にアメリカ軍が駐留するためには、基地配置の見直しが必要と考え、その方法を調査した」「その結果、移転先として下地島を推薦し、国防総省に更なる調査を促して、移転の実現性を探ってもらうことが目的だった」

テリスさんは、下地島を使用するメリットは今も変わっていないと語っていますし、これには日本政府も前向きなんです。先週、伊良部町議会が自衛隊誘致決議をした直後に上京し政府に要請した時にも、急な要請にもかかわらず大野防衛庁長官が直接対応するという様子を見ても、「下地島の使用に政府が前向き」ということが表れています。

下地島についてはアメリカ軍だけではなく、政府としても自衛隊を置きたいと言う意向が見え隠れしていますよね。

これは非常に重要な問題です。日米の政府から自衛隊とアメリカ軍の基地の共同使用という模索が、どんどん表に出てきています。キャンプシュワブやキャンプハンセンの日米共同使用という案も浮上していますし、最近は普天間基地は返還せず、海兵隊の代りに自衛隊を入れるという案も出ています。しかし、そもそも普天間基地の返還の目的は、街の真ん中にある危険な基地を撤去するというものですから、運用が自衛隊に変わったからといって何の解決にもならないどころか、今度はますます動かない存在になって行く可能性も出てくるわけですよね。さらに下地島については、政府が伊良部町議会の自衛隊誘致決議を見て、日米共同使用の試金石になると、あるいは突破口になると、熱い視線を注いでいる様子が見て取れます。

私たちがこの「検証動かぬ基地」を始めてこの1年の間に、SACOを超えるアメリカ軍再編が動き出したと思ったら、さらに基地の日米共同使用という新たな方向性が加わって、非常に難しい局面を迎えていますよね。

そうですよね、今後、自衛隊と沖縄の基地問題は切り離せないものになっていくでしょう。確かにいま、日本全体が、憲法で自衛隊を認め、自ら国を守る必要があるという方向にあるのは否定できませんし、その流れとアメリカ軍再編の流れが合流して、沖縄の基地がいま日米共同使用の矢面に立たされています。

再編の結果、アメリカ兵は減ったけれども基地は減らないということにもなりかねないことで、沖縄としては新たな課題を抱えます。

さて、検証動かぬ基地は去年の4月から毎週水曜日にお伝えしてまいりましたが、いったんお休みをして、来週から6月までは、戦後60年企画をお送りします。


ストリーミングビデオ-ブロードバンド256Kbps
ストリーミングビデオ-モデム-ISDN40Kbps
琉球新報 3/30 9:29

事故同型機も普天間へ イラク派遣部隊が帰還

事故同型機も普天間へ イラク派遣部隊が帰還

 イラクに派遣されていた在沖米海兵隊の第三一海兵遠征部隊(31MEU)が四月初めに沖縄に帰還する際、昨年八月に普天間飛行場(宜野湾市)に隣接する沖国大に墜落したCH53D大型輸送ヘリコプターの同型機も同飛行場に戻ることが二十九日、分かった。
 宜野湾市や県は、ヘリや部隊が沖縄に戻らないよう求めていたが、事故同型機が戻ることで、地元住民の反発が強まるのは必至だ。
 米軍関係者などによると、CH53D六機を含むヘリ二十数機は四月一日に普天間飛行場に戻り、歩兵部隊などを乗せた佐世保基地(長崎県)所属の揚陸艦三隻は同月二日に米軍ホワイトビーチ(勝連町)に到着する。
 伊波洋一宜野湾市長は「住宅地上空の飛行なしに離着陸できない普天間飛行場は、昨年のヘリ事故が示したように墜落の危険性が大きく、帰還は住民を不安に陥れる。四月一日は(六十年前に)米軍が沖縄本島に上陸した日でもあり、市民感情を逆なでする」と述べた。
 在沖米海兵隊は二十八日、31MEUの兵員約二千人が四月二日に帰還すると発表していた。

沖縄タイムス 3月30日(水) 朝刊 
市長訪米費認めず/宜野湾市議
 宜野湾市議会(伊佐敏男議長)は二十九日の三月定例会最終本会議で、二〇〇五年度一般会計予算案に計上された普天間飛行場の返還を求める伊波洋一市長の訪米直訴行動にかかる経費八百七十一万円などを削除し、修正した総額二百十四億六千万円の予算案を賛成多数(賛成二一、反対六)で可決した。市議会による伊波市長の訪米阻止は今後、波紋を広げそうだ。

 一般会計予算の原案から削除、修正されたのは訪米にかかる費用と、市道長田15号用地購入事業費六千百七十六万円。

 修正案に賛成した議員は「基地問題ばかりを優先する姿勢は看過できない。行政の長として山積する産業振興の課題や行財政改革など、内政を重視するべきだ」と主張。「訪米ではなく、政府責任者との協議を重ねるべきだ」との意見も出た。

 閉会後、伊波市長は「米軍再編がヤマ場を迎える中、この時期の訪米は重要。行革などは別途の課題であり、普天間問題そのものが議論にならずに削除されたことは残念だ。時間をかけて対応を考えたい」と話した。


 太田武二(命どぅ宝ネットワーク)、ヨッシー(友人)、佐竹周一(友人)、中馬由紀子(友人)、中野高(友人)、富田直子・剛・翔子(家族会)、赤羽則子(家族会代表)、ハネやん(家族会)、末木(家族会)、
1/15 現在
3月Gへ 日誌indexに戻る 4月@へ
inserted by FC2 system