ジュゴンの家・日誌

8月@へ 日誌indexに戻る 8月Bへ

8月A
参加者募集!!!
阻止船に乗る人、海上のやぐらおよびテントで座り込みする人が必要です!!!
少ない時間でも、行動できる人は集まってください!!
あなたが行動することで現場の状況は変わる・・・・!!
どうか、よろしくお願いします!!
辺野古に来てください!!!
海上行動用のダイビングスーツも募集しています。使わない物があれば、是非ジュゴンの家の住所まで送って来てください!!お願いします・・・!!

海上調査阻止行動のための緊急カンパのお願い!!
現在、辺野古ではボーリング調査を阻止するための阻止行動が行なわれています。とりわけ「海上調査阻止行動」が重要になっています。リーフ外での防衛施設局の調査を阻止するための行動船を調達するための資金が圧倒的に不足しています。

 今すぐに数100万円の資金が必要です。全国の皆さんに緊急カンパをお願いしたいと思います。皆さん応援をよろしくお願いします!!

 カンパを振り込まれる際は、下記の口座にお願いします。(このカンパのお願いは「ジュゴンの家」が、「命を守る会」を応援する気持ちで独自でやっています。振り込まれたお金は、辺野古でのボーリング調査阻止行動のために使われます。)
●郵便局 17040−14225611  西 陽子 

国会前座り込みホームページヘ!!

辺野古より緊急連絡!!!

海面に油広がる 水陸両用車沈没 (琉球新報6/10夕刊)

 【名護】名護市辺野古沖で9日に沈没した米海兵隊の水陸両用車から油が漏れ出して周囲の海面に広がっていることが10日午前、分かった。米軍は市に「油漏れ対策として、9日に化学剤による中和作業をし、10日にも行う」と説明している。
 目撃した人によると、米軍は10日午前8時ごろから現場にゴムボート2隻を出し、数人の潜水士が潜って部品状のものを引き揚げるなどの作業をしていた。通常の中和作業で見られるオイルフェンスを張って薬剤を散布する様子はなかった。辺りには油のにおいが立ち込め、午前9時ごろ、米兵が現場を離れた後にも海面には幅3、4メートル、長さ2、30メートルほどの油の帯が残っていたという。
 米軍がどのような手順で中和作業をするのかは分かっていない。午前の作業の後、米軍は10日午後零時半現在、現場に現れていない。 

那覇防衛施設局はこの油漏れに対して、現在何の対策も行っていません!!
一刻も早い油の回収、オイルフェンスの設置を防衛施設局へ訴える抗議の電話・FAXをよろしくお願いします!!
那覇防衛施設局  電話098−868−0174
             FAX098−863−1750

 ボーリング用のやぐらが珊瑚を破壊・・・!!
3月17日(木)にきた台船を留めるために、荒波の中無理やり降ろしたアンカーが、
再びサンゴを破壊していた。
海底に潜った夏芽さんたちが撮影した写真が見られます!!

ここをクリック!!





「名護街宣大作戦!」のお知らせ

 名護市民は辺野古に注目しています。でも、なかなか現場に来ることができない、きっかけがつかめないという人達のために、辺野古の現場でおこっていること、今、名護市の全体の力が必要だということ伝えに名護市街へ出て行きませんか?


                        

☆飛び入り大歓迎!!

     一緒にビラまきをしたい人を募集しています。

 私たちは毎週土曜日、海上行動隊、海人のマイクアピールや
 ビラまき、写真の展示などを行います。皆さんもぜひご一緒に
 参加してください!!


☆作戦決行日:毎週土曜(雨天中止)
      14:
30 じゅごんの家集合!!(名護市城2−13−2)
      15:00 為又・
「洋服の青山」前で街宣開始!
      16:30 名護十字路近く・「オキマート」前で街宣開始!
      18:00 「じゅごんの家」でミーティング




8月14日(日)
座り込み483日目
すっかりお休みモードの辺野古。
 ピースメーカーの姉御は海上ガイドに大忙し!→




8月13日(土)
第14回 名護街宣大作戦決行!!
今回は途中参加も併せ総勢16名! 昨日の那覇街宣から、飲み会を挟んで二日レンチャンで街宣参加。おつかれっす! 信号待ち 停車中の車にビラ配り。
辺野古にきてくださーい!
通りがかりのちゃりんこ、チラシを自ら取りに来てくれました!ありがとう!! 短パンじぞう しんやさんも到着!早速熱唱!
ヨッシィーも東京に帰る直前まで、うたってくれました。 ずーっと前に晋くんが描いたというじゅごんの絵。姉弟揃って絵心あるね。 最後にマシュポから今月31日の名護市役所前での500日集会のお願い。 ・・に便乗して記念撮影。
今回は、いつものメンバーに加え、東京、京都、名古屋の行動メンバーが参加してくれました。暑い中おつかれさまでした! そこにひょっこり現れたまきしさん。お久しぶりです!
じゅごんの家日誌
最後までウダウダしてたメンバーと、じゅごんの家の裏にある 鬼が島 へ 店長お任せコース。いきなり運ばれてきた鉄板???
タコスの具と、小麦粉にバジルとかを混ぜたタネ。カワを焼いて食べてねって。みんな食べるより焼くことにハマリ出す!

まこちゃんうまくできるかな? いいかんじじゃん? マシュポが キノコを描いたのかと思いきや、やじるし(↑)!!
←♀「これはなんでしょう?」
  ♂「猫?」
  ♀「ツノが生えてるんですけど‥」
  ♂「ツノが生えた猫!」
  ♀「・・・。」
 (正解は鬼が島にちなんで鬼だって。)

 次々出てくる店長の創作料理 おいしくいただきました!!→
沖縄タイムス 2005年8月13日(土) 朝刊 1・29面
辺野古移設反対82%/本紙・QAB・世論調査
基地「整理・縮小」7割/現状容認激減4%
 昨年八月に発生した沖縄国際大学への米軍ヘリ墜落事故から一年になるのを前に、沖縄タイムス社と琉球朝日放送が六、七の両日に有権者を対象に実施した世論調査で、政府や県が推進する普天間飛行場の名護市辺野古沖移設に82%が反対していることが分かった。沖縄の米軍基地について県民の71%が整理・縮小を求めている。即時全面撤去は24%で、前回調査(二〇〇四年四月)より11ポイント上昇。「今まで通りでよい」という現状容認層は4%で逆に11ポイント減った。米軍再編協議が進む中、小泉内閣の沖縄の基地負担軽減への取り組みを「評価しない」とした人は、80%に上り「評価する」の14%を大きく上回った。

 普天間飛行場返還問題の最も望ましい解決方法を聞いたところ「ハワイやグアムなど米国へ移設」が72%を占めた。「辺野古沖」を望むのは4%だった。

 辺野古沖移設に反対する理由の内訳は「沖縄の基地の削減につながらない」48%、「自然を破壊する」31%、「危険だから」14%、「政府の振興策が不十分」4%、「建設に時間がかかりすぎるから」3%と続いた。

 一方、賛成した人の理由は「他によい方法がない」が37%と最も多く、「政府の振興策が期待できる」23%、「普天間飛行場の返還が進む」21%、「民間の飛行場が使えるから」14%だった。

 小泉内閣の沖縄の基地負担軽減への取り組みで評価が高かったのは、自民支持者28%、公明支持者22%だった。在日米軍再編協議で沖縄の基地負担が軽減されると「思わない」と答えた人は80%で、「思う」の16%を大幅に上回った。

 金武町キャンプハンセン「レンジ4」での米軍の都市型戦闘訓練施設の暫定使用については「反対」96%で、「賛成」3%だった。

 小泉内閣への支持率は35%と全国に比べ低く、基地問題への取り組みが影響しているとみられる。稲嶺恵一知事の支持率は66%だった。

     ◇     ◇     ◇     

飛行場の危険除去重視

 沖縄国際大学への米軍ヘリ墜落事故満一年を前に、沖縄タイムス社と琉球朝日放送が行った世論調査で、普天間飛行場に対し墜落事故の不安を抱えている人は94%に上った。また、米軍再編による基地負担軽減で最も期待することとして、57%が「普天間飛行場の返還」を挙げており、県民が同飛行場の危険除去を最優先課題と認識していることが浮き彫りになった。

 調査によると、「事故前と同様に墜落の不安がある」が58%と大半を占め、「事故前よりも墜落の不安が高まった」が36%だった。「事故前と比べると、墜落の不安は軽減された」はわずか5%、「その他」が1%。

 ヘリの飛行ルートを見直す日米の会合が四月から始まっているが、住民の危険除去につながる飛行制限や旋回訓練の禁止については、日本側から提案がなく、協議されていない。また、米軍側は再発防止の徹底を約束しながら、ことし五月に嘉手納基地所属のヘリが久米島に不時着するなどトラブルは続いている。

 世論調査の結果を受けて、宜野湾市の伊波洋一市長は「普天間飛行場を早期閉鎖・返還し、危険をなくすことは日米両政府の義務だ」と強調した。

普天間飛行場に着陸するCH46中型輸送ヘリ。後方は沖縄国際大学=12日午後1時28分、宜野湾市喜友名から(下地広也撮影)



8月12日(金)

座り込み481日目
今日から作業は休み。海上行動も無く、みんなテントで思い思いに過ごします。
←名古屋からお見えの方、名古屋行動もがんばってくれています!

第1ポイントの母さんは、せっせと訪問者に辺野古の状況説明。→
姉御もじゅごんのぬいぐるみ販売始めました!お客さん第1号は大西さん。 ひさ坊さんと、しょっぱい顔したマシュポのコンビ。休みだというのに辺野古の海上ガイド おつかれさん。。。
キリスト短期大学で辺野古の活動を広げる学生たちが、テントを訪問。 昨年4月からの座り込みも 間もなく500日!お暇な方はデモ行進と、集会にご参加ください!   みんなで看板作ってます!
晋くんがノリ付けして、  祐治さんが紙を貼って。
しんやさんが来たよ! テントは観客席にさまがわり!
←続いて、ヨッシィーと晋くんによる「命の海]

 そこへ、海上ガイドの合間のマシュポが、絶妙なタイミングで駆け付け、「辺野古の海から」を三人で熱唱!→
お盆の話を聞きました。沖縄のお盆は旧盆 17日をウンケー、19日をウークイと呼び、先祖をお迎えし、またあの世へお送りします。 この後の アレの ために、ちょっと早めのテント報告会。 マシュポから 今月6日に始まった名古屋行動と、今日12日に開始される那覇街宣について、報告と 呼びかけがありました。
今日はこの後、QABの生中継です! 生!始まりました!!詳しくは↓をご覧下さい。 先月辺野古を訪れた とみしょーが、今回も描いていってれました。
じゅごんの家日誌
夕方、名護市の本部方面にある
素敵なサンダル屋さん 彩庵 へ。
こちらのお店は、辺野古の基地建設に反対し、署名 ひとことメッセージを集めてくれている すてきなお店でもあります。
それぞれお気に入りのサンダルを見つけて、みんな上機嫌でポージング!
今夜は読谷で、今日 初日を迎えた、那覇街宣の打ち上げザンクロ会。問答無用のお泊り飲み会です!
ビール 美味! 久しぶり〜っ! 今夜の幹事のやっさん、おつかれさーん!
今日配った ナハガイセン第1号ビラ 今のところ、この3人で お送りしておりマ〜ス!!
辺野古メンバーが到着するたびに繰り返されるカンパイ!ザンクロが美味いっす!
QAB琉球朝日放送 2005年 08月12日 (金曜日 夕)

News Photo

壁の記憶5 「普天間」返還、県民どうみる

宜野湾市の沖縄国際大学にアメリカ軍のヘリが墜落・炎上するというあの事故から一年。QABと沖縄タイムスは今月、緊急の世論調査を実施しました。

調査は今月6日から2日間、県内在住の有権者800人に聞きました。コンピュータで県内に存在しうるすべての電話番号を算出し、そのなかから無作為に抽出するというRDD方式で行われたものです。事故から一年を迎えて人々の意見はどう変化したか、変わらないものはなにか。くわしくお伝えします。

あれから一年。動かぬ基地の変わらない現状に、調査結果は事故への不安をうったえる人の依然多いことがわかります。一年経過した現状をどう思うか、という質問に対しおよそ9割に上るひとびとが不安であると答えています。このなかでもとくに、宜野湾市など、基地を抱える市町村のおおい中部地区では、93%が不安をかかえています。

街のど真ん中にある危険な普天間基地は、SACO合意も守られず墜落事故から一年経過しても動きません。その普天間基地の返還問題をどう解決するか、という質問に対しては県内や国内への移転ではなく、アメリカ本国へ移設、という答えがおおくかえってきました。

嘉手納基地への機能統合、またそれ以外の県内施設と答えたのはおよそ17%、本土移転は8・6%。しかしもっとも多くの人々が望んでいるのは、ハワイやグアムなど、アメリカ本国への移転でした。しかし現在進められている、在日アメリカ軍再編のなかでは沖縄の基地負担軽減は期待できない、というのが大方の見方です。

News Photo

県も今回の再編は基地の整理縮小のチャンスとしていますが、再編で負担軽減はされない、と考える人が全体のおよそ8割。今後、整理縮小を求めていくという現実的なこたえはあわせておよそ7割、ただちにすべての基地を撤去、とこたえた人は24・2%となっています。

普天間基地を見渡せる沖縄国際大学の校舎の屋上です。現在、基地の真ん中を走る2700メートルの滑走路の側には現在3機のヘリが駐機している状況です。

今の世論調査にもあったように県民の9割以上の人が依然として事故への不安を訴えているわけですが、アメリカ軍のヘリはきょうも離着陸を繰り返し、そのたびに民間地の上空で騒音を撒き散らしました。

ヘリが墜落したあの時、『今度こそ普天間は動く』と確信した人たちは3万人が集まった市民集会をはじめ、様々な抗議の声を日米両政府に対して上げてきましたが、今もまったく変わらない現状に、そうした人たちの落胆、失望感は一年前よりもさらに大きいように感じます。

県内では、アメリカ軍が現在進めている米軍再編、兵力の配置換えは沖縄の基地負担の軽減につながらないと見る声が大半を占めていてあまり期待感はありません。

沖縄の基地負担を軽減するのはあくまでも行政の責任ですが、しかし、また一方で、現状を変えるためには地元が声を上げ続ける必要があることも間違いありません。


ストリーミングビデオ-ブロードバンド256Kbps
ストリーミングビデオ-モデム-ISDN40Kbps




8月11日(木)



8月10日(水)
座り込み479日目
ヨッシィーを乗せ、ゴンベーは第5ポイントへ!
グルクンの稚魚やら、アバサーやら。
朝からサンコーが来るが、他のポイントから応援船も駈け付けガード!
警戒船に付いている よく分からないT字の棒。船体から大きくはみ出しているため、近づいてきたときけっこう危ない。
施設局の人、写真撮ってないで抜いてくれません?
平和丸も良い位置に付け、警戒船を近づけさせません。 サンコーの作業責任者を乗せた船がゴンベーに横付けて、作業の交渉。 一通りの話を聞いた晋くんが、ヤグラに持ち帰り、みんなで話し合い。
今日は安全灯の電池交換と、作業の写真撮影のみを許可。 作業中にも関わらず、
平和丸船長 やっさんは何だかそわそわ・・。今日は甲子園で沖尚の試合があるんです!作業員も気にしている様子。沖尚4−1で勝ちました!
メソジスト教会のマーク・ハリソンさんと宜野湾市の伊波市長が各ポイントを激励訪れました。ヤグラに上る人たちとも交流。 海上保安庁のものと思われる飛行機が、辺野古上空を旋回していました。また何か動きがあるんでしょうか
 今日も無事撤収〜で、テント報告会。 東京から参加のヨッシィー、 大阪行動から参加の顔なじみのあの方も、今日の海上の様子を報告!
←テント前の浜では、子供達が遊んでいました。のどかなかんじ
 のりこさんは焼きすぎてアロエを塗る。
「食べたけど このアロエ苦かった〜」→
沖縄タイムス 2005年8月11日(木) 朝刊 23面
「この海の破壊は犯罪」/米メソジスト教会の部長、辺野古沖など視察
本国世論 喚起の意向
 平和や人権問題に取り組む米国合同メソジスト教会の「正義と平和」部長のマーク・ハリソンさんは十日、来県し、普天間飛行場の移設先である名護市辺野古沖や嘉手納基地などを視察した。ハリソンさんは移設計画について「豊かなこの海を破壊することは犯罪だ」と厳しく批判。四年に一度開かれる同教会の全国総会などを通して在沖米軍基地の現状を訴え、米国世論を喚起する考えを示した。

 同教会は全米第三位の約九百五十万人の会員を抱え、政治的な影響力を持つ。ブッシュ大統領のほか、多くの連邦議員も会員という。宜野湾市の伊波洋一市長が七月に訪米した際、同教会に視察を求めたことから、実現した。

 辺野古でハリソンさんは船に乗り、ボーリング調査予定海域を視察。掘削用のやぐらで反対行動するメンバーを激励し、「阻止行動を一年以上も続ける人たちに感銘を受けた」と語った。

 都市型戦闘訓練施設に隣接する金武町伊芸区では、池原政文区長から同施設の危険性について説明を受けた。監視台に上り、民間地との距離を確認すると「ばかげている。あまりにも近すぎる」と驚いた様子。「米国では考えられない施設だ。なぜ投票で政治を変えないのか」と何度も繰り返した。

 ハリソンさんを案内した伊波市長は「この視察は、基地問題解決に向けた大きな一歩になるだろう」と、米国内での世論喚起に期待を寄せた。

 ハリソンさんは十一日午前、普天間飛行場や米軍ヘリ墜落現場を視察。午後には、反米軍基地運動家に対する弾圧を調査するため、フィリピンに向かう。

伊芸区の監視台から都市型戦闘訓練施設を視察するハリソンさん(右)=金武町伊芸



 沖縄・名護・辺野古の美しい海を埋め立て作ろうとしている新しい軍事基地建設を止めさせるために、おばぁたちが座り込みをはじめてから8年と200日以上。その怒りを正面からうけとめもせずに国は、ムリヤリ、かなりボーリョク的に着手し、調査のために建てられた5コのやぐらは、すでに海中のサンゴをふみくだいている。日本の各地で、世界で、この基地を作ることに対し、抗議の声がうずまいているとゆーのに。

 今、辺野古では、陸上での座り込み、海上・海底でのカヌーや船を使った阻止行動がつづけられており、那覇、大阪、京都、名古屋、東京では座り込みなどで辺野古のことを訴える活動が広まっている。これらを通じて辺野古を知り、これをじぶんの問題として重くうけとめた若者たちが辺野古にあつまり「カヌー隊」として活躍しはじめているところだ。

 弟のシュウは、船の免許をとり、「阻止船」を操縦している。巨大な作業船が辺野古に現れた日、通らせまいと、台船の進路に立ちはだかったが、台船は停まらず、シュウの船は何十倍もの大きさのその船に突撃、間一髪転ぷくはまぬがれたという。数年まえまでいわゆる「不登校」だった弟は、幸運なきっかけを得て、沖縄に行き、沖縄のかかえる問題を知り、辺野古のおばぁ達に出会った。おばぁ達に、学校では教えてくれないいくつものことをおそわり、「戦(いくさ)やならん、命どぅ宝(ぬちどぅたから)」とおそわった。これ以上、おばぁたちに、基地を苦しみを座り込むことをおしつけたくない、たった1人になってもここに立って止めよう、命をはってでも、と決めた。しかし、台船にぶつかる瞬間、シュウの頭をよぎったのは「かならず、生きぬいて帰ってきなさい、なにがあっても」という、おばぁのコトバと、大切な人たちの顔の走馬灯。死ぬわけにはいかない。なにがあっても生きていること、それ以上に価値あるものはない。おばぁの言葉の意味すること。弟の死がもたらす悲しみは、おばぁたちをも殺しかねないのだ。

 恋人のユウスケは、カヌー隊で、海上でのすわりこみをするため、名護でくらしている。ある日、仕事をやめ、彼は「辺野古に行こうと思う」と言った。それは、唐突ではあるがまるで必然のようだった。生活=お金のための生活をやめて、イメージに近いほうを選ぼうとしていたユウスケ。辺野古のことは知っていた。基地ができれば、もちろん自然はこわされ、それ以上に人がたくさん死ぬ。ねがいは、ただ、「幸せになること」。だからこそ、目の前に見えている脅威を見てみぬふりをして自分を偽ることはできない。ほんとうに幸せになりたいから、止めに行く。それが、ユウスケのイメージだ。ものすごくシンプルに、「好きな人を失いたくない、悲しませたくない」から、この不穏な世の中の流れを止めるために動く、その中でいま1番焦点になっているのが辺野古だったのである。

 東京の国会前座り込みで知り合ったアユさんは、バッグパッカーを夢見てお金を貯め、その仕事をやめたばかりで辺野古へ行き、今のところ彼女の旅は辺野古でとどまっている。

 カズマサ君は、仕事をやめてから、地元・名古屋と辺野古を行き来し、名古屋では街頭アピールなどで広め、辺野古では、はげしく船酔いしながらも必死で阻止行動をしている。

 サチコは施設局側の作業員との攻防で1度、指を3cmきり、流血したが、今日も笑顔で海に出て行き、カヌーをこいでいる。

 彼らは全員20歳代だ。若いからと言って失うものがないわけではない。仕事も、恋人もギセイにしてきている。
家族や友人の理解が必ずしも得られるわけではない。経済基盤も保障ももちろんない。
彼らはなにも好き好んで「たたかい」に来ているのではない。それぞれの意志で来ているのは確かだが、闘いたくて
闘っているわけではないのだ。ほんとうなら、好きな人と好きな場所で心おだやかに暮らしたい。
世の中が本当に平和なら、やりたいことは他にもっとある。
 それでもかれらが辺野古に来るのはなぜか。
 どうしても、今止めなければならないから。
 人の命をなんとも思わない人々がゆるせないから。
 命が大切と言うことだけは、どーしてもゆずれないから。

 私自身は東京で店を持ち、そこから発信していくために東京でやることに決めたため、辺野古には行けない。
先日も顔を蹴られるなどの暴行をカヌー隊メンバーが作業員から暴行を受けたとの報道があった。
東京で、はなれた場所でそのようなニュースを耳にすると、怒りとかやりきれなさが体中をうずまいて
いてもたってもいられない気持ちになります。今すぐにでも辺野古に行きたい。
 ケガさせられたり、あるは殺されたり、捕まったり。自分の大切な人がそんな目に、いつ合わされるか分からない状況
の中で、日常をおくらなければならないのが辛い。はなれていて手と足もだせない、叫んでも届かないのが辛い。
 ものすごく個人的な話ではある。
でも、自分の大切な人のいのちが大切なのは、誰でもあてはまるはずである。
自分の周りの人を大切に思うことと、戦争をなくそうと思うことは同じことだ。
大切な人が死んだらイヤだ。だから 戦争はやめよう、基地はいらない。
足りないのは、あと少しの想像力。イラクやアフガニスタンで、パレスチナで、亡くなった人々の周りの気持ち。
周りの人々のきもち。悲しくないわけがない。怒りがわいてこないわけがない。

 もう一度 問いかけます。辺野古の若者たちの「命を守るたたかい」にあなたは何を思いますか。 
 私たちは、辺野古で闘う若者たちの友人・知人・家族として、彼らの生活を支えるためのカンパを訴えます。
彼らが心置きなく行動するためには、1人・1ヶ月の生活資金・5万円ぐらいかかります。5万円×5〜6人を毎月作りたいと思っています。

 東京の「街」では、できるだけ多く地域の人たちが参加してくれるために「100円カンパ」を始めました。
 家族会も結成されました。

 ご協力をよろしくお願いいたします。
 太田武二(命どぅ宝ネットワーク)、ヨッシー(友人)、佐竹周一(友人)、中馬由紀子(友人)、中野高(友人)、富田直子・剛・翔子(家族会)、赤羽則子(家族会代表)、ハネやん(家族会)、末木(家族会)、
1/15 現在
郵便局 10020−84023361
赤羽 則子

8月@へ 日誌indexに戻る 8月Bへ

inserted by FC2 system